専門家が警鐘「頻発する地震は相模トラフが影響の可能性」

公開日: 更新日:

立命館大環太平洋文明研究センター教授 高橋学氏(災害リスクマネジメント)

 首都圏直下には、北米プレート、その下にフィリピン海プレート、さらにその下に太平洋プレートが入り込んでいます。3つのプレートが交差した、世界で最も地震のリスクが高い場所です。

 最近、関東周辺で頻発している地震には2種類あります。1つは茨城県南部や西部で起きている地震です。東京湾から房総半島先端にかかる「相模トラフ」のところで北米プレートの下に沈み込むフィリピン海プレートが引き起こしています。震源の深さ50~60キロでつながっています。

 もう1つは、太平洋プレートが移動することで、北米プレートが歪み、割れている10キロ程度を震源とする地震です。これが茨城県北部や栃木県で起きています。いずれも内陸直下型地震です。フィリピン海プレートが相模トラフ付近で北米プレートを刺激すると立川断層をはじめとした地震の引き金になります。さらに相模トラフで北米プレートが跳ね上がることで、海溝型地震の心配があります。1923年の大正関東地震(関東大震災)と同じ原理です。相模トラフを刺激することは、立川断層をはじめとした内陸直下型の「南関東直下地震」や海溝型の「相模トラフ巨大地震」の引き金になる可能性もあります。

 先述の関東大震災で一番揺れが激しかったのは、横浜と房総半島の先端です。ただし、津波被害は別で東京の人も警戒しなくてはいけません。東京湾でプレートが跳ね上がれば、都内も大きな被害を受けます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  8. 8

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  9. 9

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  10. 10

    立憲と国民は児童会か 合流破談で完全に国民に見放される

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る