専門家が警鐘 関東と東北を襲う「異常震域」地震の恐怖

公開日: 更新日:

 7月28日未明に発生した地震に「あれっ?」と思った人もいるだろう。震源は三重県南東沖。震源地に近い近畿や東海が震度1以下だったのに、遠く離れた関東や東北に強い揺れが到達した。宮城県は震度4、東京は震度3だった。

 こうした地震は「異常震域」と呼ばれている。今回は震源が420キロと深かったため、揺れが遠くまで共鳴した。

 三重県沖が震源というと、フィリピン海プレートとユーラシアプレートが接する海溝の「南海トラフ」が原因と思ってしまうが、因果関係が希薄だ。

 立命館大環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)によると、今回の揺れは南海トラフと直接の関係はなく、太平洋プレートがフィリピン海プレートの下にもぐり込んだ最深部で発生したという。

「心配なのは地震の第2波が関東や東北を襲うことです。今回の地震規模はM6・5。地震は規模がM6・3以上の場合、1度目より2度目のほうが揺れが大きいことが経験的に知られています。3年前の熊本地震は、前震はM6・5で、その後に起きた本震はM7・3でした。今回も1週間以内に三重県南東沖で大規模な地震が起きる可能性を否定できません。そうなると、東京や東北地方が再び大きな揺れに襲われる可能性があるのです」(高橋学氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る