一生行かなそうな都道府県で1位 佐賀県の知られざる魅力

公開日: 更新日:

「えびす様には複数の神様があり、イザナギ、イザナミの子である蛭子命、または大国主命の子である事代主神とされていることが多い。佐賀のえびす様は蛭子命で、大阪は事代主神なのですが、神話に出てくるのは蛭子命ですし、日本最古の辞典にえびす様として出ているのも蛭子命の方なのです」(村井禮仁さん)

 蛭子命と事代主神は、見た目が違う。蛭子命は足が悪く、イザナギ、イザナミに葦の船に乗せられ流されたと伝えられており、それゆえに蛭子命のえびす像は座っている。一方、事代主神のえびす像は立ち姿だ。

「ところがですね、その辺のことがこんがらがっている神主さんがいて、えびす像は事代主神なのに、蛭子命と説明している人もいます。どことは言いませんが、佐賀にも1社あります。私に言わせれば、勉強不足です」(村井禮仁さん)


 そんな村井さんにお勧めのえびす像を聞くと、「1つ挙げることはできませんが、JR佐賀駅には“旅立ちえびす”、バスセンターには“葉がくれえびす”と宝くじがよく当たる“よかよかえびす”、佐賀空港には雲に乗った“雲上えびす”と、佐賀の入り口にはすべてえびすさんがいる。佐賀を訪れる人はみんな、えびす像を目にすることができますよ」。

 1月9~11日は十日えびす。商売繁盛、除災招福、大漁豊作を願って佐賀を訪れてはいかが? 

 恵比須DEまちづくりネットワークでは、えびす様のマップもあり、詳しい説明も聞ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  4. 4

    だから宮迫博之は嫌われる ボートレース広告ギャラで悶着

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  7. 7

    1万ドル拾った米国男性が落とし主から受け取った謝礼は…

  8. 8

    G丸が補欠危機 熾烈な外野手争いと打率低迷で安泰にあらず

  9. 9

    二階発言が口火になるか…外堀が埋まりつつある“五輪中止”

  10. 10

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

もっと見る