観光客で大混雑の京都を「静かに楽しむ」ための3つのコツ

公開日: 更新日:

「京都」は外国人観光客で混んでいるイメージが強いが、実際はどうなのか。

 京都市の「京都観光総合調査」によると、2018年の観光客数は5275万人で、6年連続5000万人の大台を突破。宿泊客数は1582万人と過去最高を記録している。観光客数の内訳は日本人が4470万人と前年より149万人少ないものの、外国人は逆に前年の743万人より62万人増えて805万人。外国人宿泊客数も5年間で約4倍となる337万人も増えている。

 そのぶん「今の京都は賑やか過ぎて……」という人もいるかもしれない。落ち着いて楽しむにはどうすればいいか。

 京都市観光MICE推進室の谷口弘信さんによると、「場所、時間、季節をずらすこと」がコツだそうだ。

「まず場所ですが、外国人のお客さまは初めて来る場合が多いので、清水寺や金閣寺など人気の高い場所に集中しがちです。しかし、同じ京都市でも山科や高雄などは観光客の訪問率も低く、穴場と言えます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る