棋士・木村一基王位「中高年の星」が明かす限界突破の手筋

公開日: 更新日:

 百折不撓――。20代がピークとされる将棋界で、昨年46歳3カ月にして初タイトル「王位」を手にした「中年の星」の座右の銘である。その言葉通り、挑戦権を獲得するだけでも至難のタイトル戦にこれまで6度挑戦し、すべてはね返されながら、諦めなかった。そして7度目で成し遂げた。46年ぶりに史上最年長記録を塗り替え、さらに9歳も更新させたのである。快挙達成までの長いトンネル、どん底とそこでの試行錯誤、そして戦略を聞いた。

  ◇   ◇   ◇

  ――あの激闘の7番勝負を4勝3敗で制したとき、「もうタイトル戦は縁がないと思っていた」と述懐されていました。

 ええ。40歳を過ぎて伸びがなくなり、現状維持すら難しく、ただ座り続けるだけでもつらくなっていましたから。棋士はピークが25歳くらいで、30歳くらいまで維持できても少しずつ棋力が落ち始め、40を過ぎるとがくんと落ちると先人たちも言っています。今はAIの登場などによってプラス10歳くらいでしょうけど、年齢を重ねると5回でも6回でも候補手を確認してから指していたのが、2回や3回程度になってしまい、結果的にミスにもつながっていくと中原名人がおっしゃった通りだと思っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る