スイスで鉄道旅 急勾配を駆け上がるゆったりさも心地いい

公開日: 更新日:

 スイスの鉄道は99.99%電化されている。残りの0.01%は未電化で、SLが活躍する登山鉄道が「ブリエンツ・ロートホルン鉄道」だ。1892年の開業で、100年以上も蒸気機関車が走り続けている貴重な区間に絶景がある。

「ブリエンツ湖の湖畔から急勾配を駆け上がるのですが、すぐに緑のカーペットが広がります。列車は高らかに排気音をとどろかせながら森の中を走り、トンネルを抜けて山頂を目指す。そのときの時速は8キロ程度。人が走るよりも遅いのです。1000メートル進む間に250メートル上るという250‰(パーミル)の急勾配だからですが、このゆったりしたリズムが心地いいのです」

 眼下には、ブリエンツ湖が広がる。空や山に溶け込むブルーの景色は圧巻だ。

 スイスは世界一の鉄道王国ともいわれる。大きさは九州とほぼ同じだが、九州のJR・私鉄・第三セクターを含めた鉄道路線が3000キロに対して、スイスは5500キロ。人口あたりの“鉄道密度”は世界一という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  7. 7

    “ヌーブラ、ヤッホー!”元「モエヤン」久保いろはさんは今

  8. 8

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    自民党稲田朋美氏 未婚ひとり親家庭の支援拡大から変化を

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る