スイスで鉄道旅 急勾配を駆け上がるゆったりさも心地いい

公開日: 更新日:

 スイスの鉄道は99.99%電化されている。残りの0.01%は未電化で、SLが活躍する登山鉄道が「ブリエンツ・ロートホルン鉄道」だ。1892年の開業で、100年以上も蒸気機関車が走り続けている貴重な区間に絶景がある。

「ブリエンツ湖の湖畔から急勾配を駆け上がるのですが、すぐに緑のカーペットが広がります。列車は高らかに排気音をとどろかせながら森の中を走り、トンネルを抜けて山頂を目指す。そのときの時速は8キロ程度。人が走るよりも遅いのです。1000メートル進む間に250メートル上るという250‰(パーミル)の急勾配だからですが、このゆったりしたリズムが心地いいのです」

 眼下には、ブリエンツ湖が広がる。空や山に溶け込むブルーの景色は圧巻だ。

 スイスは世界一の鉄道王国ともいわれる。大きさは九州とほぼ同じだが、九州のJR・私鉄・第三セクターを含めた鉄道路線が3000キロに対して、スイスは5500キロ。人口あたりの“鉄道密度”は世界一という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  6. 6

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  7. 7

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  8. 8

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  9. 9

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

  10. 10

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

もっと見る