同時期発生は必然 プレートがつなぐ火山噴火と茨城の揺れ

公開日: 更新日:

 12日に起きたフィリピン・ルソン島のタール火山の大規模噴火。噴煙は最大1万5000メートルの高さに達し、約3万人が避難を余儀なくされている。しかも、再び大規模噴火が発生する恐れが高まっている。この噴火、決して海の向こうの話ではない。フィリピンの火山噴火は、14日に茨城で発生した連続地震と一体だからだ。

 14日午前4時53分ごろ、茨城県南部を震源地とするM5・0の地震(最大震度4)が発生。午後1時25分ごろには、震源地茨城県沖でM4・9(最大震度3)の地震が起きている。武蔵野学院大特任教授の島村英紀氏(地震学)が言う。

「フィリピン海プレートは太平洋プレートに比べて非常に小さく、動きが伝わりやすい。フィリピン海プレートのフィリピン側でタール火山の噴火が、日本側で茨城の地震が起きたと考えていいでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る