「1年100万円」達成のその後 貯めたお金はどうすべきか

公開日: 更新日:

 1年で100万円を貯めるのは簡単なことではない。なにしろ、月々にならせば約8万3000円を貯蓄に回さなければならないのだ。年収が1000万円、2000万円を超える人でも、貯蓄額がゼロというケースは珍しくない。平均的な収入で、生活費、その他の支出があるなかで、100万円の貯蓄目標を1年で達成できたことは称賛に値する。

 しかし、ここで安心してはいけない。100万円の貯蓄はゴールではない。当コラムの目標は3年で300万円。100万円はその一里塚に過ぎず、これからの1年で、さらに100万円を貯める新たな目標がある。

 加えて、貯蓄の目的である。この1年、明確な目的があって100万円を貯めた人はともかく、特に目的はなく、とりあえず100万円を貯めることが目的だった人は、そろそろ貯蓄の目的を考えたほうがよい。種々のアンケートなどを見ると、貯蓄の目的の筆頭は「老後の備え」。そして「子供の教育資金」「マイホーム購入資金」と続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  3. 3

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  10. 10

    アメとムチを使い分け…剛腕・滝沢秀明副社長の孤軍奮闘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る