信用金庫の“成年後見制度”が拡大 高齢者の相続問題で注目

公開日: 更新日:

 少子高齢化が急速に進む一方、65歳以上の高齢者は3588万人と総人口の28%を超えた(内閣府2019年版高齢社会白書)。65歳以上の一人暮らしの高齢者は男性192万人、女性400万人で合計592万人(同調査)。高齢者が増えれば当然認知症患者も増え、12年に462万人だった有病者は20年(令和2年)に602万人、30年には744万人に上るとされている(厚労省認知症の人の将来推計)。

 高齢化社会で懸念されるのが、相続人のいない高齢者が増えてきていることだ。判断力が衰えた時、財産やその後の生活はどうなるのか。ちなみに相続人がおらず国庫に入る「国庫帰属財産額」は525億円(17年度)と、5年前の1・4倍に増えているのだから驚きだ。

 こうした高齢者の支援でいま注目されているのが信用組合が行う成年後見だ。「一般社団法人 しんきん成年後見サポート沼津」は、沼津信用金庫を母体に本人に代わり、後見人としてのサポートを開始している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る