最大100万円の減税 新制度で空き地・空き家は減少するか?

公開日: 更新日:

 全国で空き地、未利用地、空き家の急増が深刻化している。人口の減少や高齢化が進み、住民のいない土地や家屋が野放し状態になっているのだ。現在未使用の土地は全国で1413平方キロある(国土交通省2013年土地基本調査)。一方、全国の空き家は846万戸で空き家率は13・6%と上昇中だ(18年総務省住宅・土地統計調査)。

 政府・与党はこうした問題に対応するため、空き地などを売却した場合の税負担を軽減する新制度の設立を目指す。

 従来、5年以上所有している空き地などを売却すると、売却額から取得時の価格や空き家の解体費を除いた譲渡所得に対し、所得税と住民税が20%かかっていた。新制度では譲渡所得を最大で100万円まで控除するというものだ。空き地だけではなく、上物の空き家を含めて売却した場合も対象になる。

 税軽減策は田舎の土地の流動化につながるというのは、不動産経済研究所の角田勝司顧問だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る