【豆アジの丸ごとカルピオーネ】すし酢で簡単に南蛮漬け

公開日: 更新日:

Petalo(東京・渋谷)

 カルピオーネとは南蛮漬けのこと。

「豆アジでなくてもスーパーで売ってる白身魚なら何でもOKです。1~2日漬けると味がよく染みて、ちょっとパサつきやすい白身魚もグレードアップしますよ。甘味が苦手な方はレーズンを外せばよりサッパリいただけます」(酒匂さん)

 マリネ液も自宅で作るなら白ワインと“すし酢”でOK。すし酢は砂糖も塩も入った便利調味料。いつも料理をしていれば“勘”でこなせるが、たまの料理ならこういうものに頼るのもいい。

 《材料》 
・豆アジ 300グラム
・タマネギ 2分の1個
・ニンジン 2分の1本
・サラダ油(揚げ油と炒め油) 適宜
・おろしにんにく 小さじ1
・小麦粉(薄力粉) 少々
・塩、こしょう 少々

<マリネ液>
・白ワイン 50㏄
・すし酢 100㏄
・水 100㏄
・レーズン  小さじ1
・砕いたピーナツ 小さじ1
・ローリエ 1枚
・バジル(粉末) 1つまみ

 《レシピ》 

(1)エラとワタを取った豆アジに塩こしょうを振り、小麦粉をまぶす。

(2)①を180度の油で揚げる。

(3)フライパンにサラダ油を引き、すりおろしたにんにくを炒め、香りが移ったら、スライスしたタマネギとニンジンを軽く炒め、別皿に置いておく。

(4)③のフライパンに白ワインを入れて火にかけ、アルコールを飛ばし、すし酢、水、レーズン、砕いたピーナツを加えて塩で味を調える。

(5)容器に④のマリネ液、②の豆アジ、③の炒めた野菜を入れ、一晩味をなじませる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍