曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

ホテル日航関西空港ザ・ブラッスリー 地元野菜の新作料理

公開日: 更新日:

 古くから泉佐野市はいい野菜が取れる地として知られている。水茄子、泉州玉ネギが有名で、市の農林水産課では、「市内産の松波キャベツをそれらに次ぐ第3の産物として訴求したい」と話している。この松波キャベツを使った料理を提供して、その動きに協力したいと考えているのが泉佐野市内の関西空港にあるホテル日航関西空港だ。

 同ホテルでは2階の「ザ・ブラッスリー」で2月いっぱい松波キャベツを用いた松波キャベツのオーブン焼きと松波キャベツのオニオングラタン風スープ仕立ての新作メニューを登場させ、ビュッフェメニューを彩る。

「この2品は、泉佐野市が各自治体と締結している特産品相互取扱協定の中から、松波キャベツと相性のいい茨城県行方市の甘藷を合わせて作ったもの。前者はキャベツの食感とうま味を感じられるようにシンプルに調理し、甘藷の甘味も際立つように創作しました」と同ホテルの井口総料理長。一方、後者はキャベツの甘味をスープの中に閉じ込めるようにして作ったそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  3. 3

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  6. 6

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る