曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

佛沙羅館ブッサラカン(四条河原町)川床のあるタイ料理店

公開日: 更新日:

 鴨川沿いにある「佛沙羅館」は、日本初川床のあるタイ料理店として知られている。同店を営む宇野克子さんがタイ料理を始めたのは30年前。まだタイ料理が珍しかった頃である。芦屋で開いたが、事情もあって自宅のある京都に移って来た。今の店舗は、元お茶屋だった町屋を改装したもので和の中にうまくタイが融合している。

 宇野さんは、タイ料理を始める前に渡航して現地を視察、そこで感じたことをうまく「佛沙羅館」に生かした。「宮廷料理の見た目に水上レストランや屋台の味の良さを取り入れました。タイのコックは、どうしてもごそっと盛りたがる嫌いがあります。それでは見た目も悪いので、日本の洗練した盛り付けを教え込んだんですよ」と話す。

「佛沙羅館」では京都の雰囲気にふさわしく、パッタイやガイヤーンなどおなじみのタイ料理を組み合わせやすくしており、それも人気が出た点だろう。グリーンカレー(880~1100円)は、緑の唐辛子にいろんなスパイスを加えて作る。ココナッツミルクが入って少し甘いのが日本人には受けるそう。口当たりは甘いが、だんだんと辛くなっていく本格仕様だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  6. 6

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る