亡くなった老婦人は富豪だった!10億円の資産を慈善団体に

公開日: 更新日:

 オーストラリアで亡くなったある高齢女性の“遺産”に人々が驚愕している。

 オーストラリア紙ニューキャッスル・ヘラルド(2月19日付電子版)などによると、長い歴史を持つ炭鉱会社の共同経営者の娘であるシェイラ・ウッドコックさんは、2018年5月に87歳で亡くなった。

 生涯独身で子供がいなかったシェイラさんは旅行、園芸、動物、チョコレートなどを愛し、親しい友人や親族たちと仲良く暮らしながら、それなりに裕福だが、ひっそりとした人生を送った。

 晩年、シェイラさんの後見人を務めた“またいとこ”のケント・ウッドコックさんは半年ほど前、シェイラさんの遺言状を発見した。シェイラさんは遺言状を弁護士などに委ねる前に亡くなったのだ。

 まずケントさんが驚愕したのが、その資産額。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る