みんなどのくらい貯めてるの? 各年代の貯蓄平均額を知る

公開日: 更新日:

 隣の芝生が青く見えてしまうのは世の常だ。その点でいえば、貯蓄が上手な人は、いったい、毎月いくらくらい貯め、どのくらい蓄えて、どんな金融商品に預けているのかは気になるところ。

 富裕層や資産家の貯蓄額など、上を見ればきりがない。月々の貯蓄額も収入や家族構成によって変わってくるので決め打ちすることはできない。そこで、参考にすべきは、貯蓄に関する平均的なデータである。金融広報中央委員会が昨年11月に公表した「家計の金融行動に関する世論調査」(2019)を見てみよう。

 2人以上世帯で、金融資産保有世帯の金融資産保有額の平均は、20代220万円、30代640万円、40代880万円、50代1574万円、60代2203万円となっている。同じく、年間手取り収入(臨時収入を含む)に占める貯蓄割合はどのくらいかというと、10~15%未満がボリュームゾーンで、次いで5~10%未満となっている。貯蓄のある2人以上世帯の貯蓄額平均と貯蓄割合は、だいたいこのようなものだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る