みんなどのくらい貯めてるの? 各年代の貯蓄平均額を知る

公開日: 更新日:

 隣の芝生が青く見えてしまうのは世の常だ。その点でいえば、貯蓄が上手な人は、いったい、毎月いくらくらい貯め、どのくらい蓄えて、どんな金融商品に預けているのかは気になるところ。

 富裕層や資産家の貯蓄額など、上を見ればきりがない。月々の貯蓄額も収入や家族構成によって変わってくるので決め打ちすることはできない。そこで、参考にすべきは、貯蓄に関する平均的なデータである。金融広報中央委員会が昨年11月に公表した「家計の金融行動に関する世論調査」(2019)を見てみよう。

 2人以上世帯で、金融資産保有世帯の金融資産保有額の平均は、20代220万円、30代640万円、40代880万円、50代1574万円、60代2203万円となっている。同じく、年間手取り収入(臨時収入を含む)に占める貯蓄割合はどのくらいかというと、10~15%未満がボリュームゾーンで、次いで5~10%未満となっている。貯蓄のある2人以上世帯の貯蓄額平均と貯蓄割合は、だいたいこのようなものだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  7. 7

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る