わが家の源流を探ってみたいなら…名字や家系図から紐解く

公開日: 更新日:

こんな時だからこそ家を知る、記録に残す。

 今の日本で名字のない人はいない。その名字の種類は10万以上あるといわれているが、そのほとんどは地名や地形、方位方角、職業、そして平安時代に栄華を極めた藤原に由来するものだという。それに、家系図を辿れば先祖がどんなところでどんなふうに生きたのかにいきつくのだ。そんな自分探し、家族の歴史をたぐる“旅”に出かけてみるのもいい。

■昔は「姓」と「名字」は違うものだった!

 現代では「姓」と「名字」は同じ意味として使われているが、もともとは違うものだった。古墳時代の大伴金村や飛鳥時代の蘇我馬子の時代はまだ名字がなかった。大伴氏や蘇我氏は一族全てが名のる「姓」であり、名字ではないのだ。

「平安時代になると、朝廷では一族が同じ姓を名のると藤原ばかりになり、分かりにくくなってしまっていました。そこで、一族の中で家と家を区別しようという動きが出てきました。これが名字の誕生につながるのです」と話すのは、姓氏研究家の森岡浩さん。

 最初のうちは公家と武家だけが自分の家を他と区別するために名字を名のるようになった。藤原という姓は一族を区別するために天皇からいただいたものだったので、公的なところでは姓が使われたが、日常生活では名字を使うようになったのだ。その名字は、住んでいる場所や土地に由来するものが多かったそうだ。

「公家の場合は、自分の家があるところを名字にしました。例えば、京都の九条に家があれば『九条』という名字を名のったのです。武士の場合は、『ここはオレの土地だ』と主張するために土地の名前を名のるようになりました」(森岡さん)

名字は地名、地形、方位方角、職業に由来する!

 では、どんなふうにして名字が付けられたのか。

「日本人の名字のルーツは、地名、地形、方位方角、職業、そして藤原の一族を表す藤(とう)を入れた5つの中にほぼあてはまります。地名の場合は、狭い範囲でも同じ名字が多くなって分かりにくいので、領主とか土地を開発した人だけがそこの地名を名字にし、それ以外は、地形や風景、方位方角を名字にしました。山の中に住んでいれば山中さん、西の山に住んでいると西山さんになったわけです」(森岡さん)

 昔は職業が世襲だったので、職業に因んだ名字も付けられた。例えば、庄治さんは貴族の荘園を管理する職業だったから庄治さんなのである。

 もう1つ、安藤さん、伊藤さん、佐藤さんなどは藤原氏の子孫であることが多いそうだ。

「平安時代に藤原の一族というのは、めちゃくちゃ凄いことでした。どれだけ分家であろうと藤原の一族であることを主張したい。そこで、藤原の藤と地名を合わせて名字にしたのです。伊勢の藤原は伊藤を名のり、加賀の藤原は加藤を名のったのです。ただし、藤原の一族を表すのは『藤(とう)』が付く名字だけ。平安時代は藤原家のことを中国に習って『藤家(とうけ)』と呼んでいたからです」

 あなたの名字のルーツはどこにあるのか、探り出したいものである。

■家系図が先祖の地に誘う!

 家系図をつくることによって、自分たち家族の先祖のルーツの地にたどり着くことができる。先祖はその地で、どんな生き方をしたのだろうか。そんなことに思いを巡らしていると、なんだかワクワクしてくる。

「家系図は、自分のルーツを知ることができる唯一の手段です。もちろん、そんなことを知らなくても生きて行けるのですが、自分自身のルーツが分かることで、今まで気がつかなかった発見がたくさん出てきます。知らなかったことを知ることができる。それが家系図をつくる醍醐味なのです」とは、家系図づくりを専門にしている「家樹」の稲留栄城さん。

 話題になったアメリカのテレビ番組で「ROOTS」というドラマがあった。その中で、「故郷を知らないから自分すら分からないんだ」という言葉が語られた。自分のルーツを知ることは、人類の根本的な望みでもあるのだ。

家系図は幕末まで辿ることができる

 日本では、戸籍を通して自分のルーツをたぐることができる。

「日本に戸籍ができたのは明治5年。その年の干支に因んで壬申戸籍と呼ばれていますが、実は、最初の戸籍である壬申戸籍は閲覧禁止になっています。犯罪歴などが載っているケースがあり、それが差別につながるからと閲覧を禁止にしたのです。そのため、明治19年に改正された戸籍が、今見ることができる一番古いものです。その戸籍には、江戸時代の慶応や安政、天保生まれの当時の年輩の方の情報も載っている。つまり、戸籍で家系を幕末まで遡って追うことができるのです」(稲留さん)

 しかし、幕末まで追えないケースもある。戸籍の保存は平成22年の法改正で150年間と定められているが、それまでは80年間だった。自治体によっては、すでに捨てられているかもしれないからだ。150年間残されていたとしても、すでに明治維新から150年以上経っており、この先、捨てられてしまう可能性もある。つまり、江戸時代末期まで家系が遡れるのは、今がギリギリのタイミングなのだ。

■家系図をつくる意味とは

「家系図は、父方の家系だけでなく母方の家系も辿ることができます。家系図をつくられるのは、『自分のルーツを知りたいから』という方が一番多いのですが、『自分が生きているうちに家族に家系図を残してあげたい』と言う方も増えています。家系図が家族の絆を深めるきっかけになっていることが嬉しいですね」

 家系図から自分のルーツがどこにあったのかが浮かび上がってくる。名字に導かれ、家族でルーツの地を探求する旅に出るケースも増えているそうだ。

 あなたやあなたの家族は、家系図から何を発見するのだろうか。

  ◇  ◇  ◇

 今の家族や後世に家系図を残すことができなくなってしまったと天を仰ぐ前にお勧めしたいのが、家系図作成の専門会社「家樹(株)」(東京・千代田区)とともにお届けする日刊ゲンダイ オリジナルの家系図プランだ。

【日刊ゲンダイ オリジナル家系図セット】詳しくはこちらから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか