コロナ禍の最中に列島激震 首都圏や東海に大地震の兆候が

公開日: 更新日:

 列島が“大揺れ”だ。26日午前、茨城県南部を震源とする地震が発生。県内で震度4、都内でも震度3を観測した。さらに、ここ最近は、長野県中部を震源とする地震が頻発。26日未明には、県内で震度3の地震があった。県中部や岐阜県境近くを震源とする地震は22日からの5日間で50回にも及んだという。

 不気味な連続地震だ。何かの前兆なのか。立命館大教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)によると、長野中部は、群発地震が起きやすい場所という。大地震につながる可能性は低いそうだ。より危険なのは、茨城南部の地震だという。

「ここ数日、愛知県西部や三河湾、沖縄付近で小規模地震が起きています。これらは、26日の茨城南部地震と関連している可能性がある。すべてフィリピン海プレートの活動が原因になっていることが考えられるのです。このプレートの活発化は、いわゆる南海トラフ地震や首都直下地震を引き起こす恐れがある。東京湾口で起きれば津波被害が甚大になってしまうでしょう」(高橋学氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  8. 8

    「Go To トラベル」は存続の危機?観光庁に聞いた30の質問

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

もっと見る