はたあきひろ
著者のコラム一覧
はたあきひろ園芸研究家(NHKテレビ講師)

兵庫県西宮市出身。6年前、大手住宅メーカー研究員を卒業し園芸研究家になる。著書に「コップひとつからはじめる自給自足の野菜づくり百科」ほか。妻と子ども3人で自給生活中。52歳。

花もおいしい!暑さや乾燥、病害虫にも強いオクラのススメ

公開日: 更新日:

 トマトやキュウリなど、多くの夏野菜苗は4月上旬(早いところだと3月!)から販売されているので、見つけると何だか植えたくなっちゃうんですよね! でも、4月って朝晩はまだまだ冷える日も多いもの。だから私は毎年我慢してゴールデンウイークまで待って植え付けします。

 中には5月に入ってもまだ手を出さないで、6月に植え付ける夏野菜だってあるんです。それが今回紹介するオクラです。オクラはアフリカが原産地だといわれています。

 暑い地域の植物なので寒さに弱く、10度以下なら成長しませんし、霜に当たると枯れてしまいます。私の経験では、最高気温が25度以上を維持しないと成長も良くありません。6月に入って最高気温が30度以上になると一気に成長するので、焦らなくても前月に植え付けた人に追いついてしまいます。

 一般的な苗は1ポットに3~4苗入っています。1苗ごと植えたくなりますが、苗や根をバラさず1カ所に植え付けることがポイントです。これを守らないと根付かず枯れてしまいます。本葉が3~4枚になったら、ここでようやく1苗にします。メインを伸ばし1本仕立てにするわけですね。オクラは木のようになるので、通常支柱は不要ですが、風が強い場合は支柱を1本立てて結束しましょう。

 オクラの品種でポピュラーなものは断面が五角形の星形ですが、沖縄の島オクラに代表される丸オクラや、茎も実も赤いベニオクラもあります。家庭菜園の場合、小さなオクラを早採りすれば、生でもやわらかい食感が楽しめます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  3. 3

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  4. 4

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  5. 5

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  6. 6

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

  7. 7

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  8. 8

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  9. 9

    コロナ禍で一部助っ人のみが来日できる裏側…球団なぜ差が

  10. 10

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

もっと見る