ちょっと欲しい? 町全体が8億円で売りに出されています

公開日: 更新日:

 日本の億万長者も興味を示すかも?

 ニュージーランドの北島のほぼ中央に、メロンスフォリーランチという小さな町がある。いま町全体が、1160万NZドル(約8億円)で売りに出されている。同町は2006年、西部劇ファンが資産を投じて建設した町で、酒場や銀行、映画館、レストランなどが1860年の米ワイオミング州を模してつくられている。もちろん現在も使用できる。民家も3棟あり、22人が居住できるという。

 現在の町のオーナー、ロブ・バートリーさんは車両部品メーカーの経営者で、12年に同町を購入。8年間維持したが、最近は健康問題が浮上したため、売却することにしたという。

「本当は手放したくないのですが、諸事情を考慮して売ることにしました」と地元メディアに語った。

 町全体を1日ごとにレンタルすることも可能で、使用料は1日約55万円。映画撮影にも使えそうだ。日本人のバイヤーも大歓迎だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  9. 9

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る