猪羽恵一
著者のコラム一覧
猪羽恵一本郷美術骨董館 副代表

本郷美術骨董館・副代表。国内外の美術品・骨董品を取り扱う業界の最大手。全国各地で鑑定会を行っている。専門分野は絵画。

われわれ美術商も巻き込まれる買い取り店のサバイバル

公開日: 更新日:

「買い取り店」をご存じだろうか。ブックオフやバイセルが大手として有名だが、中小合わせれば結構な数になる。あなたの街にも「宝石やブランドバッグ高値購入」の看板を掲げた買い取り店が1軒や2軒はあると思う。

 われわれは美術商であるが、買い取り店でもある。

 ここ数カ月はコロナ自粛で買い取り店も縮小営業を余儀なくされた。ようやく業者市場も始まり、この業界も再スタートを切り始めた。

 わが社は扱う物が美術品なので、品物の流通の先は美術業界に流れていく。だが、仕入れ現場ではそうした買い取り店が競争相手やら取引相手になる。

 お客さまは、美術品だけではなく、宝石、ブランド品、車、楽器とさまざまな物を持っていることが多い。本来は、十把ひとからげでなく、個々の専門店を探して査定してもらうのが賢いやり方ではあるが、「面倒だ」ということで取り扱いジャンルの広い業者にまとめて処分してもらいたいという需要もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  3. 3

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  6. 6

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  7. 7

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  10. 10

    阪神・藤浪が5日先発 ノーコン男に好調巨人打線も戦々恐々

もっと見る