児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国コラムニスト

韓流エンタメ誌、ガイドブック等の企画、取材、執筆を行う韓国ウオッチャー。新聞や雑誌、Webサイトで韓国映画を紹介するほか、日韓関係についてのコラムを寄稿。

「文在寅の悲恋」は人気ドラマ「愛の不時着」より泣ける

公開日: 更新日:

 コロナ禍もなんのその。Netflixで配信中の韓国ドラマ「愛の不時着」が日本でも人気だ。

 2018年4月の南北首脳会談で文在寅大統領と金正恩委員長が手つなぎすると、韓国では途端に北朝鮮との融和ムードが高まった。北朝鮮を描いた作品が企画され、「愛の不時着」もそのひとつ。昨年春にソン・イェジンとヒョンビンの出演が発表されると一気に注目が集まった。2人は映画「ザ・ネゴシエーション」(2018年)で共演以来、交際が噂されてきたからだ。

 ドラマは財閥令嬢がパラグライダー中の事故で北朝鮮に不時着し、北の将校と恋に落ちるという突拍子もない物語。スイスやモンゴルでのロケを経て昨年12月に放送が開始された。現実味のない設定だが、多くの視聴者はこのドラマでヒョンビンのカッコ良さを再認識する。

 そもそも食糧難の北朝鮮では兵士の栄養失調も深刻という。よもや韓国の女性たちも、ヒョンビンのようなイケメン兵士が北朝鮮軍にいるとは思っていない。それでも夢中になったのは、南北分断を背景とした“現代版ロミジュリ”で、ヒロインを必死に守る兵士の姿にヒョンビンがピタリとハマったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  3. 3
    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

  4. 4
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

  5. 5
    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

もっと見る

  1. 6
    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

  2. 7
    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

  3. 8
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 9
    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

  5. 10
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”