NK細胞を活性化して免疫力アップ

公開日: 更新日:

 焼酎用の種麹(たねこうじ)づくりを一手に担う河内源一郎商店。3代目の山元正博は、焼酎杜氏(とうじ)ががんになりにくいことから麹の力にいち早く気づき、自家製の麹ドリンクを開発。その効果は毎日飲み続けた友人の前立腺がんが消滅するという驚くべきものだった。

 これが一度だけなら偶然かもしれない。しかし奇跡は何度も起きた。肝臓がんからの生還、末期胃がんを克服……。

 もちろん抗がん剤など西洋医学による治療も併用してのことだが、山元の麹ドリンクを飲んだ後に目に見えて症状が改善した。絶望からのV字回復。患者だけでなく、山元もまたそうした事例が増えることを「ひそかに喜んでいました」。

 なぜ麹はがん細胞を消滅させたのか。東大の大学院で抗がん剤の研究をしていたことで、「NK(ナチュラルキラー)細胞」に注目する。NK細胞はリンパ球の一種で、体の中でウイルスに感染した細胞やがん細胞を認識して攻撃する性質がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

  3. 3
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 4
    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

  5. 5
    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

もっと見る

  1. 6
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

  4. 9
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  5. 10
    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷

    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷