三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2017年、旭日小綬章受章。

「ウエスト・サイド・ストーリー」も…女性が好むゲイ文化

公開日: 更新日:

 シルバーウイークの観光地はかなりの賑わいだったようだ。「Go To トラベル」の効果もあるのだろう。首都圏の高速道路では渋滞も発生し、コロナ前に戻りつつある。過度な警戒は不要と気づいた人も多いのではないか。

 今後は「Go To イート」のほか、音楽コンサートや演劇、スポーツ観戦などを対象とした「Go To イベント」も予定されている。それによって少しでもエンターテインメントの分野に活気が戻ってくれればと願うばかりだ。

 文化や芸術の分野では女性客の存在が大きい。音楽コンサートを支えているのも女性で、女房に引っ張られて来場する中高年男性は少なくないはずだ。

 一体、彼女たちは何を好んでいるのか。それはゲイが手がける作品である。

 もともと芸術や文化の世界ではゲイの人たちが活躍してきた。とりわけミュージカルはゲイの人たちの力なくしては成り立たない。皆さんおなじみの「サウンド・オブ・ミュージック」「王様と私」「南太平洋」などの名作の作曲家リチャード・ロジャースと作詞家オスカー・ハマースタイン2世はともにゲイだし、さらに「ウエスト・サイド・ストーリー」の音楽を担当したレナード・バーンスタインは、妻との間に3人の子供をもうけているが、同性愛者であることも隠さなかった。同作で作詞を手掛けたスティーブン・ソンドハイム、演出・振付のジェローム・ロビンスもそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  2. 2

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  5. 5

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  6. 6

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    住宅街に巨大な穴…外環道予定ルート“陥没危機地帯”マップ

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    学術会議問題に思う 税金は私たちの物で政権の物ではない

もっと見る