三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2020年、文化功労者顕彰を受ける。

「ウエスト・サイド・ストーリー」も…女性が好むゲイ文化

公開日: 更新日:

 シルバーウイークの観光地はかなりの賑わいだったようだ。「Go To トラベル」の効果もあるのだろう。首都圏の高速道路では渋滞も発生し、コロナ前に戻りつつある。過度な警戒は不要と気づいた人も多いのではないか。

 今後は「Go To イート」のほか、音楽コンサートや演劇、スポーツ観戦などを対象とした「Go To イベント」も予定されている。それによって少しでもエンターテインメントの分野に活気が戻ってくれればと願うばかりだ。

 文化や芸術の分野では女性客の存在が大きい。音楽コンサートを支えているのも女性で、女房に引っ張られて来場する中高年男性は少なくないはずだ。

 一体、彼女たちは何を好んでいるのか。それはゲイが手がける作品である。

 もともと芸術や文化の世界ではゲイの人たちが活躍してきた。とりわけミュージカルはゲイの人たちの力なくしては成り立たない。皆さんおなじみの「サウンド・オブ・ミュージック」「王様と私」「南太平洋」などの名作の作曲家リチャード・ロジャースと作詞家オスカー・ハマースタイン2世はともにゲイだし、さらに「ウエスト・サイド・ストーリー」の音楽を担当したレナード・バーンスタインは、妻との間に3人の子供をもうけているが、同性愛者であることも隠さなかった。同作で作詞を手掛けたスティーブン・ソンドハイム、演出・振付のジェローム・ロビンスもそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号