<41>見切り発車で寺院建立 宗教法人認証に滑稽なやり取り

公開日: 更新日:

 1989(平成元)年、伊豆高原の高台に寺院を建立した。ただしこの時点で、宗教法人の認証は下りていなかった。見切り発車である。なにしろ明治以降、臨済宗の新しい寺院は一つも生まれていないのだ。

「そんなバカなことをやるヤツはいないんだよ。本当、許可を取るってのは、大変だからね。日本の鉄壁の壁だ。よく岩盤規制を打破すべきだ何だっていうけど、まさしくそれに突き当たった。無理かな? って、半ば思った時もあったよ。でもやるしかないんだって、腹をくくったんだよ」

 日本国憲法は信教の自由を保障している。ただし、宗教法人を設立するとなると、話は別だ。礼拝施設を備えていて、なおかつ具体的に独自の活動を行っている団体でなければならない。それをクリアして初めて、書類を提出することができる。

 ただし、この書類がくせもので、あそこが違う、ここが違うと書き直しを命じられるのは当たり前。行政はハナから認証を与えるつもりがなく、書類を提出するためのアポすら取れないような状況だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る