神戸・三宮の路地 震災に負けない焼き鳥屋女店主の心意気

公開日: 更新日:

「あの店は楽しいから」

 知人にこう言われ、店を探した。「あの店」は三宮(神戸)にある。阪急でも阪神でもJRでも何でもいいがJR東口からが分かりやすい。

 サンキタ通りの東端にその店「いなかや」があった。サンキタ……三宮の北。簡単な発想がいい。復興なった円形で長身の阪急ビルから目と鼻の先、10メートルくらいと聞いていたのが役立った。ただ、あまりにもきらびやかな看板が乱立しているので二度三度迷った。路地の入り口に店がある。

「いなかや」の焼き鳥は絶品。そう聞いた。店は狭い。カウンターだけ。10席しかない。訪ねたのは午後6時ごろだったが既に満員。小柄の女店主が「何か用事?」「ええ、この店のあれこれを。それからあなたの過去を」。

「カコ」という2文字に客の全員が笑った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    非情の巨人…高卒2年目・直江と山下に「育成」の生き地獄

もっと見る