もしもコロナになったら…保険会社の感染症対策商品を確認

公開日: 更新日:

コロナと保険(1)

 いまだ終息の気配を見せない新型コロナウイルス。実際に感染してしまえば、仕事や生活への影響は計り知れない。いざというときのために備えておく方法はあるのだろうか。

 太陽生命は9月1日に新型コロナウイルスを含む感染症を保障する医療保険「感染症プラス入院一時金保険」を発売した。この保険はコロナに加え、コレラ、重症急性呼吸器症候群(SARS)など、所定の感染症で1日以上入院した場合、最高40万円の入院一時金を受け取れる。保険料は30歳男性が月2680円、40歳男性が月3280円、50歳男性が月4700円などとなっている。また、災害や交通事故によるケガでも40万円が、所定の感染症以外の病気では20万円が一時金で受け取れる。いずれも1日以上の入院が対象。

 実際にコロナに感染した場合、PCR検査の費用や治療費は公費で支払われるため、直接患者の負担はないが、入院するとなれば、身の回り品を用意しなければならないし、人によっては収入ダウンにつながる可能性もある。一時金でまとまった保険金を受け取れるのは、一定の安心感があるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る