デリバリー需要で増えるゴーストレストランの落とし穴

公開日: 更新日:

 現在、「Go To Eatキャンペーン」によって、新型コロナウイルスで最も打撃を受けた業界のひとつである外食産業を後押ししている最中にある。しかし、キャンペーンに参加するグルメサイトから送客された際に、飲食店が支払う手数料がことのほか重いなどの不満が飲食店経営者から多く聞かれる。

 店舗型飲食店が苦境に陥る一方で旺盛なデリバリー需要の勢いに乗って業績を伸ばしているのが、デリバリー専門業者だろう。大手デリバリー仲介サイト、出前館の2020年8月期決算は、売上高103億円と前期比で54.6%伸長。来期はさらに伸びると予想されている。

 そんななか、注目を集めているのが「ゴーストレストラン」という業態だ。ゴーストレストランとは、キッチンが備えてあるマンションなどの一室で調理だけを行うデリバリー専門店のことを指す。ウーバーイーツや出前館などのデリバリーアプリ経由で注文があれば、作った料理を配達員に手渡すだけで済むので、客が来店する店舗型に比べて家賃などの負担や手間が格段に少ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る