<68>勝新のギャラは大映の二枚看板となって跳ね上がった

公開日: 更新日:

 勝プロダクションは、勝新太郎の放漫経営で破綻した。飲み代は年間1億円といわれ、制作費も湯水のごとく使う。足りなくなれば、常務(当時)の真田正典が方々からかき集めた。そんな行き当たりばったりのやり方で会社が回るわけがない。

 勝が金に無頓着なのは、もともとの性格もあったのだろう。その上、大スターとして見えを張らなければならないとなればケチケチできない。仲間を引き連れて夜の街に繰り出し、同じ店の客に「ファンです」と言われれば、その人の分まで払ってやった。そんな振る舞いができるだけのギャラも、勝はもらっていた。

「勝さんが『悪名』『座頭市』『兵隊やくざ』と3つの人気シリーズで主演をやるようになった頃、社長にギャラの交渉をしたことがあったらしいんだ。当時は歌舞伎役者の市川雷蔵と大映の二枚看板。もっともらってもいいはずだって考えたんだよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  6. 6

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  7. 7

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  8. 8

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  9. 9

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  10. 10

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

もっと見る