児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国コラムニスト

韓流エンタメ誌、ガイドブック等の企画、取材、執筆を行う韓国ウオッチャー。新聞や雑誌、Webサイトで韓国映画を紹介するほか、日韓関係についてのコラムを寄稿。

冬の韓国は氷点下 日本より緯度が高くても感染者数は抑制

公開日: 更新日:

 日本全国で新型コロナウイルスの新規感染者数が急増している。気づけば累計感染者数は約12万人(11月18日現在)を超え、発生源といわれる中国をはるかに上回った。

 報道では「気温の低下」も理由に挙げているが、お隣の韓国は日本より寒い。真冬のソウルは氷点下になることも珍しくない。その韓国でも第3波の兆候があるのは日本と同じだが、最近の感染者数は連日300人を超える程度。累計感染者数は約3万人(11月18日現在)と抑え込んでいる。

 では、なぜ日本だけ爆発的に新規感染者が増えたのか。韓国人からは「日本は海外からの入国者に甘すぎる」という声が聞かれた。

■厳格な水際対策と罰金制度

 韓国はいまだ海外からの入国者に対する防疫管理を緩めていない。入国する韓国人と外国人は、在留資格者であっても2週間の隔離が義務付けられる。入国時には必ず自己診断アプリをダウンロード。PCR検査で陰性でも検温結果を毎日報告し、常に居場所も特定される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る