児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国ウオッチャー

韓流エンタメ誌やガイドブックの企画・取材・執筆を行う韓国ウオッチャー。韓国映画のほか、日韓関係についてのコラムも新聞やウェブサイトに多数、寄稿している。

BTSが炎上も…お得意さま「中国」に寛大にならざるを得ない

公開日: 更新日:

 人気K―POPグループ「BTS(防弾少年団)」が中国で炎上し、大きな騒ぎとなった。今年は朝鮮戦争の勃発から70年という節目の年。BTSのリーダーが「韓国と米国が共に経験した苦難の歴史を忘れてはならない」と発言したが、中国は朝鮮戦争に「抗米援朝(米国に対抗し北朝鮮を助ける)」という立場で参戦していた。もちろんBTSに政治的な意図はないが、「中国で金を稼ぎながら中国人の感情を逆なでした」と怒りの声が上がったのだ。

 最近では女性アイドルグループ「BLACKPINK」にも流れ弾が飛んできた。メンバーが中国の国宝でもあるパンダをマスクや手袋なしに抱いたからだ。魔女狩りとも思える中国の過剰反応。強気な姿勢の裏には、愛国心というよりも「韓国芸能人を稼がせてやっている」というおごりが見え隠れする。

 日本では2003年ごろに上陸した韓流ブームも、中国では90年代後半に定着していた。日本よりもお金になるお得意さまであることは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る