重症者数を連日更新…高齢者の感染拡大に“隠れクラスター”

公開日: 更新日:

 菅政権が「勝負の3週間」と呼び掛けてから、2日で1週間。新型コロナ第3波の勢いが止まらない。深刻なのは重症者が急増していることだ。右肩上がりで増え続け、歯止めがかかる気配がまったく見られない。

 ◇  ◇  ◇

 30日の重症者数は、前日から10人増えて472人となり、8日連続過去最多を更新。この2週間で2倍になった。「ECMOネット」によると、人工呼吸器を着けた重症患者は11月1日の140人から29日には271人へとほぼ倍増している。重症者の治療は通常患者よりも3倍の医療スタッフが必要とされる。医療崩壊を避けるためにも、一刻も早く、重症者数を減少に転じさせる必要があるが、逆に増加している状況だ。

 この重症者急増はいつ止まるのか。第1波では3月下旬に60人程度だった重症者数は4月になってジワジワ増加。5月1日をピーク(328人)に減少に転じ、6月5日に100人を割った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る