コロナワクチン接種 全国市長会がマイナンバー利用に懸念

公開日: 更新日:

 全国市長会の立谷秀清会長(福島県相馬市長)らは27日、首相官邸で菅義偉首相と会談し、新型コロナウイルスワクチンの接種を巡って自治体への財政支援を要請した。首相は前向きに検討する姿勢を示したという。

【写真】この記事の関連写真を見る(21枚)
【写真】この記事の関連写真を見る(09枚)

 市長会は首相に対し、集団接種する場合の医師らの人件費や、会場使用料への支援を要望。ワクチン接種のために休診することで、経済負担が生じる医師への協力金も必要だと訴えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

  10. 10

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

もっと見る