米国黒人層“ワクチン拒否”猛拡大 アーロン氏急死で深刻化

公開日: 更新日:

 米大リーグの英雄ハンク・アーロンさん(享年86)の急死が、米国の黒人層に波紋を広げている。アーロンさんは今月5日にモデルナ社のワクチン接種を受け、「私はとても誇りに思う」と語った。その17日後の22日に死亡。「自然死」との報道もあるが、死因が正式に発表されていないため、ワクチン接種に疑念が持たれている。

 黒人層のワクチン拒否の考えは根強い。昨年のAP通信の調査では黒人層のうち、新型コロナワクチンを「接種する」と答えた人は、わずか24%だった。

「その風潮を打破するため、米政府が白羽の矢を立てたのが、黒人層に圧倒的人気を誇るアーロンさんでした」とは国際政治経済学者の浜田和幸氏。こう続ける。

「メディアを前に病院でワクチンを注射され、『心配せず、みんなも接種して』と黒人市民に呼びかけました。ところが、急死です。バイデン大統領は声明でアーロンさんに哀悼の意を表したものの、ワクチン接種には言及しなかった。そのため、黒人層は『政府は何かを隠している』と疑っているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  5. 5

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る