慶大・学生食堂「山食」の危機<1>学生が消え廃業を覚悟

公開日: 更新日:

 白いコック帽をキリリとかぶり、調理場を泳ぐように動き回ってテキパキと仕事をこなす。81歳とは思えない立ち居振る舞いと誰からも慕われる人柄で、東京・港区にある慶応義塾大学三田キャンパスの人気者。創業84年の学生食堂「山食」3代目、谷村忠雄さんだ。

「コック見習で入社した16歳からここで働いていますが、今までの65年間でこれほど危機的な状況になったのは初めてです」

 温和な笑顔が一転、不安な表情に変わる。コロナ禍によるオンライン授業などでキャンパスから学生や教員の姿が消えておよそ1年。それに伴い食堂の利用者数が激減しているのだ。名物学生食堂を襲った感染拡大の影響は、昨年2月から出てきたという。

「学部入試が終わった2月中旬からパタッと来なくなって……。特に7、8月はほとんど売り上げがなかった。今も8割減が続いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る