コロナ禍に「寄付」で応援したい 必要な人に届く選び方

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの影響で、さまざまな人が打撃を受けている。一方で、自身はさほど影響は受けておらず、困っている人や業界を寄付で応援したいという人も多いだろう。しかし、どこにどのように寄付をすればいいのだろうか。

 そこで、現在の寄付の状況を日本ファンドレイジング協会代表理事の鵜尾雅隆さんに聞いてみた。

「東日本大震災のときには、“義援金”のように被災者に一律に配るお見舞金のような受け皿制度がありました。しかし、今回は打撃を受けている人・分野が幅広く、寄付をしようと思うと、どこかの寄付先を選択することが必要です」

 寄付先には、生活困窮者、医療関係者、アート・芸術・スポーツ系の活動、飲食店などが挙げられるが、まずどこを支援したいのか決めるのが先ということだ。方法としては、クラウドファンディングサイトで寄付を募っている団体やお店などを探すこともできる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る