拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

公開日: 更新日:

 コロナ禍で他人を自宅に招く機会がほとんどなくなった昨今、“見られたら恥ずかしいモノ”を出しっ放しにしていませんか?

 その結果、「すごく気まずい思いをした」という女性の投稿が話題になっている。

 米ネット掲示板「レディット」の「TIFU(今日、やっちまった)」というスレッドに投稿された匿名女性の失敗談がそれ。

 彼女はある男性と同棲していて、コーヒーテーブルと足枷(かせ)を使った拘束プレーを楽しんでいる。コロナ前は友人が家に遊びに来ることもあったので、足枷は“事後”にちゃんとしまっていたが、ここ最近は、コーヒーテーブルの脚につけっ放しに……その状態が長く続いたため、テーブルの足枷が「すっかり見慣れた、自然なモノ」になっていたという。

 先日、彼氏の母親から「ちょっと用事ができたので、犬を預かってほしい」と連絡があり、2人の家にやって来た。女性は足枷のことをすっかり失念していたが、彼氏の母親はそれに気がついた。しかし、使用目的が分からなかったようで、こう聞いてきたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る