菅首相「緊急事態宣言」再延長を謝罪…“口だけ”より補償を

公開日: 更新日:

 政府は5日夜、新型コロナウイルス感染症対策本部(本部長・菅義偉首相)の会合を首相官邸で開き、東京、埼玉、千葉、神奈川の首都圏1都3県に発令中の緊急事態宣言を21日まで2週間延ばすことを決めた。

【写真】この記事の関連写真を見る(22枚)

「国民や事業者の(これまでの)協力にもかかわらず、延長に至ったことは率直に申し訳ない」

 この日の参院予算委で、菅首相は宣言を解除できなかったことを謝罪し、感染収束に「全力で取り組む」と強調していたが、国民が望んでいるのは謝罪ではない。

 これまでの1年間を振り返り、台湾やオーストラリアなど感染封じ込めに成功している諸外国を参考にしながら、日本はどういう体制を取ろうと考えているのか。国内対策の問題と原因はどこにあり、どう改善するのか。医療体制のひっ迫を避けるために、ヒト・モノ・カネをどうつぎ込むのか。それらの課題を一つ一つ、国民に説明して理解を求め、実践していくことだ。これまでの対策の反省もないまま、ひたすら国民に協力ばかりを求めていても何も解決しないのは明々白々だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」“HEROっぽさ”こそ月9の狙い

  7. 7

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  8. 8

    都ファ議員ドタキャンは小池知事の圧力?出演予定者が明かす舞台裏

  9. 9

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  10. 10

    吉田羊が主演ドラマをハシゴ 密会報道から5年目の完全復活

もっと見る