田中幾太郎
著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。

早稲田中学・高校の強み 系列7校で異彩を放つ“一流進学校”

公開日: 更新日:

 有名大の傘下にある系列校は、そのまま大学まで内部進学するパターンが多いが、そうでないケースもある。中高一貫男子校の早稲田中学・高校(東京・新宿区)もそのひとつ。早稲田大キャンパスに隣接する場所に校舎を構えながらも、必ずしもエスカレーター式に大学に上がるとは限らないのだ。

 早稲田大の系列には附属校の早稲田大学高等学院(中・高)、早稲田大学本庄(高)の2校と、系属校の早稲田中学・高校、早稲田実業(小・中・高)、早稲田渋谷シンガポール(高)、早稲田摂陵(中・高)、早稲田佐賀(中・高)の5校がある。附属校と系属校の違いは、その法人格による。附属校は「学校法人早稲田大学」が運営しているのに対し、系属校はそれぞれの法人が運営する格好になっている。早稲田グループの事情にくわしい早稲田大文系教授は次のように話す。

「21世紀になってから早稲田グループに加わったシンガポール、摂陵、佐賀の3校は別にして、首都圏の各校は附属校か系属校かということによって、内実にそれほど大きな差があるわけではありません。たとえば、大学側の早実に対する扱いは附属校とほぼ同等です。ただ、早稲田中学・高校だけは、大学との距離感を保っていて、少し異色の存在とも言えます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

もっと見る

  1. 6
    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

  2. 7
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  3. 8
    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

  4. 9
    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

  5. 10
    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔

    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔