田中幾太郎
著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。

“新御三家”海城中学高等学校が取り組む「自ら考える教育」

公開日: 更新日:

「山椒は小粒でもぴりりと辛いという表現がピッタリ。派手さはないけど、とてつもない潜在力を秘めている学校だと思います」

 こう、母校を評するのは海城中学高校(東京・新宿区)のOBだ。1960年代まで海城高は都立高のすべり止めという位置づけだった。67年に学校群制度(82年廃止)が導入され、都立高は凋落。それに呼応するかのように、海城は中高一貫体制の充実を図り、進学校としての位置を固めていった。なお、2011年からは高校の生徒募集を中止し、完全中高一貫化を果たしている。

 海城が進学校として注目されだしたのは1984年。東大合格者数が19人と、初めて2桁を記録。80年代終わりころになると、都内私立中高一貫男子校の御三家(開成、麻布、武蔵)に対し、駒場東邦、巣鴨とともに「新御三家」と呼ばれるようになる。94年には東大合格者数全国8位と初めてトップ10入り。以降、トップ10の常連となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

  2. 2
    新庄監督就任で追い込まれ…日本ハム“屈指のパフォーマー”杉谷拳士のあがき

    新庄監督就任で追い込まれ…日本ハム“屈指のパフォーマー”杉谷拳士のあがき

  3. 3
    吉田栄作×内山理名の結婚で「オレも若い奥さんを」という男性は多いが…

    吉田栄作×内山理名の結婚で「オレも若い奥さんを」という男性は多いが…

  4. 4
    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚

    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚

  5. 5
    息切れの稲見萌寧 賞金女王と日本選手初の偉業に赤信号…通算-7、2位タイ以上が必須

    息切れの稲見萌寧 賞金女王と日本選手初の偉業に赤信号…通算-7、2位タイ以上が必須

もっと見る

  1. 6
    石川遼だけじゃない! JGTO青木功会長も記者発表に「ビデオメッセージ」のみの大ヒンシュク

    石川遼だけじゃない! JGTO青木功会長も記者発表に「ビデオメッセージ」のみの大ヒンシュク

  2. 7
    立憲代表選で目に余るTV局の報道差別…地上波4候補揃い踏みはNHK「日曜討論」だけ

    立憲代表選で目に余るTV局の報道差別…地上波4候補揃い踏みはNHK「日曜討論」だけ

  3. 8
    「5年12億円」の阪神より“最低保証2200万円”のメッツを選んだ新庄のひと言

    「5年12億円」の阪神より“最低保証2200万円”のメッツを選んだ新庄のひと言

  4. 9
    【兵庫2児焼殺事件】妹家族と暮らす51歳独身男の複雑怪奇な共同生活…携帯持たず引きこもりだった

    【兵庫2児焼殺事件】妹家族と暮らす51歳独身男の複雑怪奇な共同生活…携帯持たず引きこもりだった

  5. 10
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも