村西とおる
著者のコラム一覧
村西とおるAV監督

1948年、福島県生まれ。バーテン、英会話教材のセールスマン、テレビゲームリリース業を経て、裏本制作で「裏本の帝王」と呼ばれ、その後、AV監督として一世を風靡。これまで3000本のAVを制作し、「AV界の帝王」としても有名。

【Q】女子トイレに女装した大男が! 監督はどう思いますか

公開日: 更新日:

 他人への好悪の感情はそれがだれであっても許されるものですが、孔子さまの教えの「己の欲せざるところ」から学び、あからさまに悪感情を表情に表すことなきマナー人であられることが賢明かと存じます。

 人は見た目が9割といいますが、誤解すべきでないことは彼女(彼)たちは変態でも暴力的存在でもないということです。私は職業柄これまで「女装」の性癖の人たちと多く接してきましたが、それらの人たちは好きになって愛したのが同性の男性だったに過ぎない、だれかを傷つけたりモノを盗んだり人をだましたりしたわけではない、普通の人と同じ平和主義者であるということです。

 ただ、容姿がだれからも好かれる「はるな愛」さまのような美形に恵まれず、時として大相撲の関取衆のような、お化粧には不釣り合いな外見のギャップをお持ちなだけなのです。

 私たちは今日、人間の性愛の世界は男色のみならず、万華鏡のように極彩色に彩られていることを知っていますが、とくに最近ではエルトン・ジョンやアップルのCEO、ティム・クックのカミングアウト、マツコ・デラックスさまやIKKOさまの活躍で社会の差別意識が緩和される傾向にありますが、歴史をひもとけば、信長と森蘭丸の恋物語に見られるがごとく「男色」は奇異なことではありませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ココイチのバイトテロ「バカ投稿」代償はとてつもなく高い

  2. 2

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  3. 3

    「林死刑囚は無罪」元大阪高裁判事が再審を請求したワケ

  4. 4

    元AKBが独学で開業した繁盛ラーメン店の「味の秘密」<1>

  5. 5

    パソナ1000%の衝撃!コロナと五輪でボロ儲けのカラクリ

  6. 6

    朝乃山に永谷園NG!CM契約解除は序の口、今後は針のムシロ

  7. 7

    田中みな実"チェーン店NG"に大倉忠義が放った父想いの一言

  8. 8

    31歳差で3度目…山寺宏一なぜアラサーとばかり結婚する?

  9. 9

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  10. 10

    G7の菅首相を見て思う…せめて英会話を大臣の最低条件に

もっと見る