【Q】嘱託を辞めて年老いた3人の親の介護に専念しようかと

公開日: 更新日:

 私と女房の両親のうち3人が健在です。私の父親が昨年他界し、女房の父親は施設に入ったので、介護の負担は少し減りましたが、3人の面倒を見るのは大変です。私は定年後は嘱託で働いているので、一番大変なのは女房です。退社して2人で介護することも考えていますが、生活もあるので踏ん切りがつきません。こんな生活がいつまで続くのかと思うと、暗澹たる気持ちで頭がおかしくなります。 (60代・会社員)

  ◇  ◇  ◇

【A】窮状察しますが、経済力は介護生活を支える土台です

 自らが老境に入った今でも、親の介護の苦労が続き、暗澹たる気持ちになられるご窮状、お察し申し上げます。

 親の介護の問題は、高齢社会を迎えた現代では、どちらさまのご家庭でも避けて通ることのできない問題となっています。本来ならば親の長寿は幼な娘の初潮と同じく家の誉れと赤飯を炊いて祝うところでございますが、経済的、肉体的負担に押し潰されそうになっている現実に喘いでいるのは、あなたさまのご家庭だけではありません。いかに親の介護をまっとうするかの課題に、ない袖は振れぬ状況となり、答えを探すことのできないままに心が沈むばかりのお気持ち、よく理解できます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪観戦帰りに“密”発生確実 これが有観客で激ヤバの8会場

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  4. 4

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  5. 5

    キムタク新CMに海外ドラマも…やっぱり“ラスボス”の存在感

  6. 6

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  7. 7

    大政絢「飯テロドラマ」でコロナ後“ひとり飲み女子”急増?

  8. 8

    菅首相“恐怖人事”で延命足場固め「官邸のアイヒマン」粛清

  9. 9

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  10. 10

    分水嶺は自公で「プラス16」“死に体”回避に蠢く小池都知事

もっと見る