家で「パン呑み」のススメ!年間数千個食べるマニアが提唱

公開日: 更新日:

 ここ数年、高級食パンやフェス開催などパンブームが続く。最近はお酒と一緒にパンを楽しめる「パン飲み」ができる店も増えている。

「発酵種を培養させて作ったパンは酵母感のあるワインやビールとよく合います」

 新刊「パン愛」(笠倉出版社)の著者で、〈1日3食・年間パン食数は1000個以上〉という斉藤美佳さん(写真)にお酒に合うパンを聞いた。

「ビールなら、ハード系の『カンパーニュ』『シナモンロール』などのスパイスを混ぜ込んだパンが合います。ワインにはフルーツを練り込んだ『パン・オ・フリュイ』や香りの強い『ハーブパン』ですね。日本酒だと西京漬け、カラスミバター、ホタルイカの沖漬け、きんぴら、豆腐の味噌漬けをそれぞれ、トーストしたバゲットにのせてアテにしています。和総菜はパンと相性がよく、つなぎにバターを使うことで味が馴染むんですよ」

お取り寄せしたい! 酒に合うパン屋3選

 パン飲みに適したパンも全国から取り寄せできる。おすすめは?

■「amam dacotan(アマムダコタン)」(福岡市中央区)の「ヒラコンシェコラボ便」(3500円=クール便)

「人気イタリアン『ヒラコンシェ』と箱崎のパンの名店『パンストック』がコラボした話題店。バゲット系のパンとピスタチオバター、タンドリーリエットなどのペースト3種のセットは絶品です」

■“東のパンの聖地”として全国からパン好きが集まる「Zopf(ツオップ)」(千葉・松戸市)には毎日300種類以上のパンが揃う。

「毎回購入するのが『ヨーグルトライ』(大=1944円)。ライ麦粉40%で、ヨーグルトが口あたりの良いしっとりさわやかな風味に仕上げています。カナッペやサンドイッチに合います」

■微生物の研究者だったご主人が天然酵母と自作の石窯で焼き上げる「宗像堂」(沖縄・宜野湾市)の「3000円パンセット おまかせ便」(6~8種類)も試してほしい。

「ほとんどのパンに読谷村産の小麦が使用されていて、黒糖、バナナなど素材も沖縄ならでは。ローズマリーとざらめがアクセントの『サブリナ』は甘じょっぱくてワインにピッタリ。アーサ(あおさ)入りのパンはビールが進みます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る