設楽幸生さん シングルモルト&開高健で旅と冒険を疑似体験

公開日: 更新日:

「酒は大好きですし、強いと思います」

 そう語る設楽幸生さん(44)。3年前まではWAVE出版の編集者として活躍。多くのベストセラーを世に出した元・東レ研究所所長の佐々木常夫氏の編集担当、そして編集部長も務めた。その後、フリーの編集者を経て、ベンチャーの証券会社に入社。資産運用や投資に関する記事の執筆や編集などを精力的にこなす。

 以前はほとんど毎晩外で飲む日々を送っていたが「いまはすべてテレワーク。でも、飲む量はかわりませんね。もしかすると増えているかも」という。だが二日酔いとは無縁。毎朝5時には起床し、プログラミングや統計学などを勉強し「データサイエンスがわかる編集者」を目指している。大学では英米文学を学び英語も堪能だが「若いころにちゃんと理数科系の勉強もしておけばよかった」という思いからだ。

 9時からは本業に取りかかるが、仕事を終えた夕方、買い物に出かける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る