大規模接種予約の不具合で露呈“最後の砦”自衛隊のポンコツ

公開日: 更新日:

「悪質な行為であり、極めて遺憾だ。厳重に抗議する」

 政府が東京都、大阪府に設置し、自衛隊が運営する高齢者向け新型コロナワクチンの大規模接種センターの予約システムに不具合が見つかった問題。岸信夫防衛相は18日の会見で、取材目的で架空情報を使って予約した朝日新聞出版と毎日新聞に対して怒りをあらわにした。

 17日から防衛省の公式サイトやLINEの専用ページで受付が始まったシステムをめぐっては、入力時に必要な「市区町村コード」「接種券番号」に誤りがあっても予約できることが判明。一部報道では、防衛省関係者が「入力する人の善意頼みのシステム」などと釈明していたが、ネット上では<コロナ対策の砦どころか、日本の防衛を担う砦が善意頼みとは…><岸防衛大臣は朝日、毎日に抗議するのは筋違い。むしろ不具合を見つけてくれたお礼を言うべき><ズサンすぎるし、危機管理もへったくれもない>といった批判の声が続出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る