お笑い芸人の「レンタル黒人」への思い どんな人が利用?

公開日: 更新日:

 花見の場所取りや話し相手などの案件をツイッターで受ける「レンタルなんもしない人」が注目され、昨年はドラマ化もされた。これに着想を得て、「レンタル黒人」を始めたのはお笑い芸人のぶらっくさむらい(40)だ。カメルーン人と日本人のハーフで黒人の自身を貸し出すというサービスである。

「コロナ禍で芸人としてのライブやイベント出演が減る中で、何か世の中を明るくするようなことができないかと考えて、やってみることにしました」

 と、ぶらっくさむらい。レンタル黒人は事務所などを通さず、ぶらっくさむらいのツイッターからダイレクトに依頼ができる。どんな依頼があるのだろうか。

「日本文化を外国人に向けて発信したいお店などのPR写真や動画に出演したり、外国に興味のある人の話し相手になったり、お散歩に同行したり。ミュージックビデオへの出演依頼もあります。面白かったのは、サッカー選手のネイマールの来日時に、ネイマールのそっくりさんのSP役をやったこと。2人で歩いていたら本物と思い込まれてファンたちから歓声が上がりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  8. 8

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

もっと見る