「ワクチン接種特典」旅行はいくら安くなる?【割引&特典実施の宿泊施設表付き】

公開日: 更新日:

 日銀によると、2020年末の個人金融資産は前年同期比2.9%増の1948兆円。2年連続で過去最高を記録した。とくに個人消費の半分を占める高齢者世帯(60歳以上)が新型コロナ禍で消費を手控え、現金・預金が5%ほど増えた。この個人資産のうち1%でも消費に回れば、2020年の個人消費の落ち込み額(約17兆円)をカバーできる。

  ◇  ◇  ◇

■雲仙温泉「東園」は3000円利用券

《65歳以上の方対象 ワクチン接種完了記念で自分にご褒美♪》

 愛知県の温泉ホテル「龍城」が2回のワクチン接種を完了した高齢者を対象に“特典付き”旅行プランを発売している。具体的な内容としては、料理のグレードアップ、記念撮影、1000円分の売店利用券のプレゼントなど。

 この龍城に限らず、ワクチン接種者を対象にした割引サービスなどを行うホテル・旅館、レストランが続々と登場している。予約サイト「じゃらん」では600件以上がヒット。長崎県雲仙温泉の高級旅館「東園」もワクチン接種証明の提示で特典が受けられる。

「まだご予約はございませんが、接種完了のお客さまには最大3000円の館内利用券をお配りさせていただきます」(「東園」の担当者)

■「ニューオータニ幕張」は館内飲食10%オフ

 こちらは年齢による制限はなく、接種者全員が対象。職域接種を終えた企業、大学生なども利用可能となる。他にも、「ホテルニューオータニ幕張」「リーガロイヤル大阪」は館内レストランが10%OFF。九州を中心に飲食チェーン「庄屋」「那かむら」などを展開するフードプラスHDも全店舗で最大10%引き、「資さんうどん」は名物ぼた餅(2個260円)の持ち帰りが50円引きになっている。

 さらに、富士河口湖町観光連盟は提携ホテル・ロープウエー・フルーツ狩りなどがすべて10%引き。「東京プリンスホテル」「ハイアットリージェンシー大阪」のように、これからワクチンを打ちに行く人(同伴者)のためのプランを用意しているところもある。変わり種としては、浅草の人力車「時代屋」の30分コース9000円が8100円というのもある。

いかに高齢者の外出率を上げるか

 一方、自治体の中にも特典を用意しているところがある。大阪府羽曳野市は「Thanks.グッジョブ・チケット」という2000円分の商品券を接種者全員に配布。高知県須崎市、埼玉県春日部市も同じく2000円分の商品券、静岡市は接種会場への移動支援として最大2000円のタクシークーポン(65歳以上)、東京都千代田区は入浴剤や飲料プレゼントといった具合。もちろん、ワクチン接種は任意であり、「いろいろな見方、意見がある」という埼玉県宮代町は当初の2000円から1000円に減らして商品券を配布している。

 ワクチン特典についてはアメリカはもっと露骨で、ニューヨーク州は最大500万ドル(5.5億円)が当たる宝くじ。オハイオ州は州立大学の奨学金、ウェストバージニア州は狩猟用ライフルを抽選で提供している。ご褒美をあげて動機付けするアメリカは、ペナルティーで国民を縛る日本とは基本的な考え方が違うが、全体の接種率を上げて経済回復しようというもくろみだ。

「現状で旅行することなどについては賛否の声があると思いますし、私も積極的にお勧めはできませんが、すでに海外ではワクチン接種証明書などの提示を条件に移動制限を大幅に緩和し、GDPを押し上げようという動きに出ています。国際通貨基金(IMF)の世界経済見通しによると、日本の経済成長率予測は2021年が3.3%、2022年は2.5%と他の先進国と比べても低い。日本もいずれ消費拡大に向かうとすれば、ワクチン接種者から徐々にお金を使ってもらうのは現実的な方策のひとつだと思います」(生活経済ジャーナリストの柏木理佳氏)

 IMFの予測では、2021年の世界経済全体の成長率は6.0%。アメリカ6.4%、フランス5.8%、イギリス5.3%となっており、3.3%の日本はもちろん先進7カ国の中で最下位。日本のネックは、高齢者ほどコロナの影響を受けて外出を自粛していること。日本総研のリポートによれば、60代、70代の外出率が若年・中堅層に比べて落ち込む傾向にあり、さらに高齢者はインターネットに不慣れなことが多く、ネットショッピングが広まらないのも消費低迷の要因としている。その上で、ワクチン接種の進捗がマクロ全体の消費の回復のカギになると分析している。

「集客に苦しむ旅行業界にとってワクチン接種はわずかな希望の光。旅行する側も感染に警戒しつつ、どうせなら割引特典などをうまく利用したいものです」(前出の柏木氏)

 菅首相が4年に1度の大規模イベントの「安心安全」を保証しているのだから、旅行や飲食についてもあれこれ言われる筋合いのものでもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  3. 3

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  7. 7

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  8. 8

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  9. 9

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る