杉村富生
著者のコラム一覧
杉村富生経済評論家

1949年熊本県生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と、分かりやすい経済・株価分析などに定評がある。ラジオNIKKEI「ザ・マネー」にレギュラー出演。著書は「これから10年 株で『1億』つくる!」(すばる舎)、「株長者が絶対にハズさない『売り』『買い』サインはこれだ!」(ビジネス社)など多数。

コロナショック克服も…米経済急回復のあなどれない副作用

公開日: 更新日:

 アメリカ経済はコロナショックを克服、正常な姿に戻りつつある。いや、数字的には絶好調だ。GDP成長率は1~3月期のプラス6・4%(前期比年率)に続き、4~6月期はプラス9・2%になるという。

 異常な数値である。新型コロナウイルスの感染者数は3300万人を突破、死者は60万人(ともに、世界最大規模)を超えているというのに。やはり、コロナワクチンの接種効果が大きい。外出自粛、移動制限、休業要請などの規制は次々に撤廃されている。

 ただ、急激な経済活動再開の副作用が浮上している。CPI(消費者物価指数)は4月が前年同月比4・2%上昇、5月が5・0%上昇だった。ガソリン価格、航空運賃、中古車価格の値上がりが物価を押し上げている。これは人の動きが活発になったことの反映だろう。

 賃金インフレ(時給アップ)もある。なにしろ、人手不足は深刻だ。4月の雇用統計では求人数が928・6万人だったのに対し、離職者数は38・4万人増え、自発的な離職者数は過去最多の395・2万人に達する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  6. 6

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  7. 7

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    東京五輪でスケートボード金メダル連発の快挙!「ボーダー=腰パン不良」のイメージ一掃

  10. 10

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

もっと見る