井上理津子
著者のコラム一覧
井上理津子ノンフィクションライター

1955年、奈良県生まれ。「さいごの色街 飛田」「葬送の仕事師たち」「いまどきの納骨堂」など著書多数。

<11>「自宅墓」は老人ホームへの持ち込み、樹木葬への改葬もできる

公開日: 更新日:

 葬式、火葬が終わる。その後、「四十九日」をメドに納骨するのが一般的だ。ところが、「去年から遺骨が動かない」と霊園業者が言う。納骨で親戚が集まると感染リスクが高まる。墓地への移動もためらわれる。コロナ禍で納骨が先延ばしにされているのだ。

 日本の火葬率は99.99%。宗教上の理由により土葬するイスラム教徒以外、ほぼ火葬だが、骨を埋葬しなければならない法律はない。納骨の先延ばしが、さらに「遺骨をずっと家に置く」ことを選択肢のひとつにさせたようだ。

■男性の購入が多い「自宅墓」

「全骨の自宅墓『棲家』を一昨年に売り出したところ、昨年から問い合わせが増え、月1~2基ペースで売れています」と、老舗石材店「松戸家」(東京都小平市)営業部の戸塚森比古さん。

 同社は墓地墓石・樹木葬を主軸に「自宅墓」も販売してきた。従来の自宅墓は分骨形式やペンダントなどに加工する「手元供養」を指したが、家具調仏壇に似た形の「棲家」は全骨収納。これひとつで完結する。サイズは高さ56×幅40×奥行き33センチ。1霊用29万8000円。工夫すれば何霊でも収納でき、遺影も花も飾れる。松戸家が設けた樹木葬墓地へ無料で改葬できる権利付きだ。「先々、老人ホームに持って行く」という70代男性の購入が多いという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 4
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 5
    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

  1. 6
    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

  2. 7
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  3. 8
    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

  4. 9
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  5. 10
    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日

    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日