井上理津子
著者のコラム一覧
井上理津子ノンフィクションライター

1955年、奈良県生まれ。「さいごの色街 飛田」「葬送の仕事師たち」「いまどきの納骨堂」など著書多数。

<8>「リモート参列」じわり…訃報も香典もオンラインで完結

公開日: 更新日:

「県境をまたぐ移動の自粛」が呼びかけられる中、じわじわと広まってきているのがリモート参列だ。

「去年の4月、お父さまの葬儀に参加できなかったアメリカ在住の方に、葬儀の様子をフェースタイム(iPhoneのビデオ通話アプリ)で映し、お送りしたのがきっかけです」と公益社広報の土井佐季さん。同社では昨年7月からWi-Fi機器や三脚などを用意。遺族がスマホやタブレットで葬儀の様子を撮影して配信。参列を断念した人たちが、居ながらにして“参列”できる仕組みが整った。

「たまのや」(福島市)は専用カメラを用意し、パソコンにつないでユーチューブ発信する。「先日もオーストラリアのご親族が画面を通して“参列”されていました」と営業1課の杉原健さん。広がりに地方差はない。

 葬儀の「オンライン化」はさらに進み、「tsunagoo(つなぐ)」という訃報・香典サービスを導入する葬儀社が全国に500社以上ある。遺影を年間約36万件手がける「アスカネット」(広島市)が開発した。遺族が葬儀社と打ち合わせると、訃報がたちまち文書化され、メールやLINEで送付可能に。訃報を受け取った人はスマホ上で弔電や供花、供物をカードで決済し、葬儀会場に送ることができる。参列する場合は、名前の事前登録により生成されるQRコードを受付でかざせば記帳が省ける。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン追放クーデター進行か…ウクライナ軍が目指すロシア軍“8.24完全撤退”の可能性

    プーチン追放クーデター進行か…ウクライナ軍が目指すロシア軍“8.24完全撤退”の可能性

  2. 2
    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

  3. 3
    「パラリーガルのままでよいですよ」…話題の本「秋篠宮」の思いは小室圭さんに伝わっているのか

    「パラリーガルのままでよいですよ」…話題の本「秋篠宮」の思いは小室圭さんに伝わっているのか

  4. 4
    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

  5. 5
    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

もっと見る

  1. 6
    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

  2. 7
    “伝説のAV女優”小林ひとみさん 銀座高級クラブで雇われママ、コロナ休業中はゲーマー加速

    “伝説のAV女優”小林ひとみさん 銀座高級クラブで雇われママ、コロナ休業中はゲーマー加速

  3. 8
    プーチン大統領は余命数カ月?「血液のがん」説浮上とロシア側「憶測無視せよ」通達の深刻度

    プーチン大統領は余命数カ月?「血液のがん」説浮上とロシア側「憶測無視せよ」通達の深刻度

  4. 9
    阪神次期監督に藤川球児氏が急浮上!最下位独走も売り上げ好調で矢野監督は途中解任せず

    阪神次期監督に藤川球児氏が急浮上!最下位独走も売り上げ好調で矢野監督は途中解任せず

  5. 10
    広瀬アリスらが休業宣言、大物の急逝相次ぎ…芸能人のメンタルケアに頭を悩ます事務所の内情

    広瀬アリスらが休業宣言、大物の急逝相次ぎ…芸能人のメンタルケアに頭を悩ます事務所の内情