21歳の女子芸大生も被害「着衣着火」の恐怖…燃えやすい衣類素材と引火時の対処法

公開日: 更新日:

 昨年12月22日、栃木県宇都宮市にある文星芸術大学で痛ましい死亡事故が起こった。課題の立体作品を作業場で制作していた同大3年の女子学生(21)が、グラインダーという電動工具で鉄板を切断していたところ、火花が衣服に引火し、上半身に燃え広がった。

「女子学生は、水道のある場所まで自力でたどり着いて消火を行い、病院搬送時には意識があったものの、重度のやけどによる蘇生後脳症で30日に亡くなりました」(捜査関係者)

 日本では、こうした着衣着火による死亡事故が毎年100件ほど発生。都内では着衣着火による火災が35件発生し、4人が亡くなっている(2018年度)。そのうち、7割以上が家庭のコンロで発生しているという。

■高齢者の死亡が多い

「着衣着火で亡くなる割合が高いのは高齢者です。火元近くに可燃物などのモノを置いていることが多いことや、また加齢によって素早い消火活動がしづらく、衣服に着火した場合、火が燃え広がって重症化しやすいためと考えられます」(総務省消防庁の担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?